フェルミ推定とは

いつくかの手掛かりを元に論理的に推論し、

短時間で概算すること。

わかりやすく説明すると、

私は、いつも飲食店などに行った際、だいたい

その店の事業に掛かる資金(リフォーム資金など)

を計算し、そこから、席数、定員の数、

平均単価、回転率を頭の中で計算し、1ヶ月、1年

の売上と経費、年間の利益とそこに掛かるリスクを

料理が運ばれてくるまでに頭の中で弾き出しています。

その答えは大幅にズレることはまずありません。

それはなぜかというと銀行員時代から、お客様の店に

出向き、自分なりの数字を出して、決算書と何度か

照らし合わせていたからです。

こうやって感覚を研ぎ澄ませてきました。

これは飲食店だけでなく、様々な分野でも応用が

利きます。

これからビジネスで生き抜くために、

このフェルミ推定を有効的に活用出来る

人材が間違いなく活躍します。

「このままこの会社で働いて昇進しても、子供の学費

を払っていけるのか…?」

10年後の収入と目の前の上司の収入は比例します。

むしろ上がる事はありません。

自動販売機で並んでる水は150円で買えます。

砂漠のど真ん中ではとても150円では買えません。

自分という価値を別の場所に置くだけでも、今の

環境が大きく変わります。

その為には行動が必要です。

日本人は行動が出来ない人が圧倒的に多いです。

だからこそ行動する人に価値が生まれる。

それを私は20代後半で知りました。

自分でも遅すぎたと思っています。

しかし、行動した瞬間から人生は大きく変わって

いきました。

「失敗したらどうしよう?」

「あなたのような人が居るから我々の価値が大きく

上がっていくのです。」

「私から言わせれば、動かない人生が失敗です」

産まれて貧乏はあなたのせいじゃない。

しかし、自分の子供が貧乏なのはあなたの責任です。

20代に多い奨学金未返済による自己破産。

教育費は親が投資してあげて欲しい。

学費を払えない親はどんなビジネスをしているのか?

価値がないビジネスに思い入れ一つでは稼げません。

このブログの閲覧者が3,000名を超えたそうです。

企業のブログでは100人でまあまあ。1000人を超え

るブログは日本でも数知れず。3,000人という

数字は断トツで飛び抜けているそうです。

この3,000人の方はプロ野球選手、アスリート、

企業経営者、主婦、サラリーマン層などたくさん

の方に見て頂いております。

そして、皆さんが変わりたい、成長したいという

意欲が非常に強い方だと思います。

そんな方々の心に届くメッセージ(本音)をこの

「社長ブログ」で展開していきます。