私はおそらく全国でも上位にランクインするん

じゃないかという程、子育てに関わってきた。

そして、それは現在進行形です。

個人的には数多くの資格取得。

サラリーマン時代は営業、管理、人事、労務

経営と幅広い分野を経験。

今では3社の代表で、来年も4社目と

なる新法人を設立する予定です。

ビジネスでは幅広い経験値とスキルが

あると自覚しております。

そんな私が思うこと。

家事、育児 is VERY HARD!!

仕事 is VERY EASY !!

どれだけ仕事をして疲れて帰ったところで、

おそらく奥さんの方が数倍と実務を

こなしています。

子育ては体力的にも精神的にも疲労が蓄積

します。そして、365日休みはございません。

いいですか?

仕事は非常にEASYです。いくらでも息抜き

出来ますし、やりたい時に仕事が出来る。

嫌なら違う仕事をすれば良い。

くれぐれも帰った時、俺は仕事してきたぞ

感を出さない方が良い。

そんな男ははっきり言ってダサすぎる。

仕事上であなたの代わりなどいくらでもいる。

しかし、子育ては換えがききません。

お母さんの代わりはいません。

ピンチヒッターなど存在しません。

仕事で疲れていても子育てに参加しましょう。

何千万、何億、何十億と稼ごうが、それは別の話。

奥さんが家庭を守ってくれるから仕事

に向かえる。

ちょっと疲れてそうだなと思えばスイーツを

手土産に帰るといい。

高くなくていい。気持ちが伝われば十分。

家庭の環境、空気感をコントロールする

のは父親の役目。

イライラ感が漂ってる時は、奴隷になる。

赤ん坊がぐずってる時は上の子の勉強の邪魔

にならないようにお散歩。

何か足りない時は喜んで買い物に出かけ、

兄弟喧嘩が激しいときは連れ出して、頭を冷や

させる。

どれだけ尽くしても、いざという時は

「ママ~(涙)」

こっちに来ない(笑)

こっちが泣きたい(笑)

家庭が崩壊している人は仕事をろくに出来る

訳がない。

家庭という名の『城』を盤石にして出陣する。

その『城』が崩壊したら拠点がなくなる。

家族があなたの一番の応援団でなければ

ならない。

応援団になれ!!

と命令しても総スカンを食らうだけ。

全ては行動に移す事が大事。